ニドラゴラス

V.Attecに所属する宇宙”外”生命体。
種族のごった煮闇鍋フレーバー、人外魔境なアヴァンス島の『最も法が法として律さないエリア』人外エリアの最古参管理者の一体。
趣味はコーヒーによる浄化(汚染)、定命の者いじり。
魔術、魔法、錬金術、占星術の研究もしているが、過去に存在を危惧した神々によって星を動かすことを封じられており、砂粒一つも適正が無い。

正体は宇宙の外の観察者『在るもの』の一部が変質したもの。
この宇宙の中心、白痴の神の暴虐無人なデスメタルライブに向かう途中に勘違いした神々に散々追い回され、地球に迷い込んだ末、コーヒーと人間達に出会った事を大いに気に入り定住する。
基本無害ではあるが、ある時は夜も昼も関係なく喧しく知識を求め、ある時は死んだように長く深く眠っているのを見た人々から、『眠っている方が我々にとって幸せな者』として『ニドラゴラス』と呼ばれるようになる。自身も気に入っているようで、これからもそう呼ばれていくだろう。

プロフィール

  • 体長

    145cm
  • 性別

    無形文化財
  • 好きな飲物

    あぁ!それを訊くのか!教えてやろう、コーヒーだ!素晴らしいぞコーヒーは、万物に効く。君が病気にならば、コーヒーを飲めば全てが治ることだろう、何?治らない?それは今は『まだ』だからだ!先は長いぞ?ささ、喉が乾いただろう、26杯目のコーヒーだ。この話も26回目になるな!まだまだ聞いてもらうぞ!この話で病気になっても、コーヒーで治るからな!!あぁコーヒー!!

ギャラリー